弁護士に依頼

弁護士交通事故の慰謝料を請求するのは被害者本人でも可能です。バイタリティーに満ち溢れている方だと自分で慰謝料請求しようとする方もおられるでしょうし、実際行動に移した方もおられるのではないでしょうか。交通事故の場合だと基本的には保険会社を通しての交渉となりますが、保険会社も只者ではありません。こうした状況は何度も経験しているでしょうし、そう簡単にこちらの要望を飲んではくれないのです。相場よりも遥かに安い示談金、慰謝料を提示してくることもありますし、話しがまったく先に進まないということもあります

では、どうすればこちらの要望に近い形で示談できるのか、慰謝料を得ることができるのかということですが、基本は弁護士に依頼することです。弁護士に依頼すると保険会社との交渉も代行してくれますし、本人は特に何もする必要はありません。慰謝料についても弁護士基準で計算してくれますし、保険会社が提示してきた金額よりもさらに高い額で話を詰めてくれるでしょう。結果的に弁護士に依頼したほうが示談金の額も大きくなることがほとんどですから、基本は弁護士に依頼して話を進めていくことになります。まずは弁護士に相談することから始めてみましょう。

三つの慰謝料

通院交通事故の慰謝料は入通院慰謝料と後遺障害慰謝料、死亡慰謝料の三つに分類できます。まずは入通院慰謝料ですが、これについてはそこまで説明する必要はないでしょう。交通事故に遭うと入通院が必要になるほどのケガを負ってしまうことは多々ありますし、それに伴う精神的苦痛に対する慰謝料となります。入院や通院する期間が長引けば長引くほど慰謝料の額は高くなる傾向にあります。また、後遺障害慰謝料も読んで字のごとく後遺障害によって受けた精神的苦痛への慰謝料となります。

後遺障害が残ってしまうとその後の人生にも大きく影響してしまいます。今までできていたことができなくなる、やろうとしていたことができなくなりますし、健常者には計り知れないほどの精神的ショックを受けてしまうでしょう。そのため、後遺障害が残ったときにも慰謝料を請求することは可能となります。後遺障害には状態によって等級がありますから、等級が高くなるほど慰謝料の金額も高くなる傾向にあります。最後に死亡慰謝料ですが、これは被害者が交通事故が原因で亡くなってしまったときに支払われる慰謝料となります。2000~3000万円ほどの金額になることが多いですが、これもケースによって異なります。続いては、弁護士への依頼について説明します。

交通事故と慰謝料

これまでの人生で慰謝料を支払ったことがある、という方は恐らく少ないのではないでしょうか。まっとうな人生を送っている方だとそうそう慰謝料を支払うような状況に陥ることはありませんし、逆に慰謝料を支払ってもらうような経験をした方も少ないでしょう。現実には慰謝料のやり取りは至るところで行われていますし、いつ自分が慰謝料を支払う、もしくは支払ってもらうような立場になるかもわかりません。

事故慰謝料と言えば交通事故、とも言われるように交通事故と慰謝料には切っても切れない関係があります。慰謝料とは精神的苦痛を受けたことに対する損害賠償金なのですが、交通事故でも精神的苦痛を伴うケースは多々あります。事故でのダメージは肉体だけではありませんし、メンタルに直接的なダメージを受けることもあります。また、肉体へのダメージから精神的苦痛が伴うようなケースもありますし、交通事故と慰謝料は切っても切れない関係にあるのです。

交通事故で請求できる慰謝料にもいくつかの種類があるのですが、そのことについて詳しく理解している方は少ないでしょう。自分だけは事故に遭うことはないと考えているような方もおられるでしょうが、事故に遭う可能性は誰にでもあります。いざ事故に遭ったときに慰謝料に関する知識がないと貰えるお金も貰えない可能性があります。ここでは、交通事故で請求できる慰謝料の種類について詳しくお話しますから、ぜひ今後の人生の中で役立ててください。