三つの慰謝料

通院交通事故の慰謝料は入通院慰謝料と後遺障害慰謝料、死亡慰謝料の三つに分類できます。まずは入通院慰謝料ですが、これについてはそこまで説明する必要はないでしょう。交通事故に遭うと入通院が必要になるほどのケガを負ってしまうことは多々ありますし、それに伴う精神的苦痛に対する慰謝料となります。入院や通院する期間が長引けば長引くほど慰謝料の額は高くなる傾向にあります。また、後遺障害慰謝料も読んで字のごとく後遺障害によって受けた精神的苦痛への慰謝料となります。

後遺障害が残ってしまうとその後の人生にも大きく影響してしまいます。今までできていたことができなくなる、やろうとしていたことができなくなりますし、健常者には計り知れないほどの精神的ショックを受けてしまうでしょう。そのため、後遺障害が残ったときにも慰謝料を請求することは可能となります。後遺障害には状態によって等級がありますから、等級が高くなるほど慰謝料の金額も高くなる傾向にあります。最後に死亡慰謝料ですが、これは被害者が交通事故が原因で亡くなってしまったときに支払われる慰謝料となります。2000~3000万円ほどの金額になることが多いですが、これもケースによって異なります。続いては、弁護士への依頼について説明します。